DENTAL OFFICE かきぬま歯いしゃ

より良い治療環境を追求しています

浦和歯医者「医療法人 八秀会 DENTAL OFFICE かきぬま歯いしゃ」では、より良い歯科治療を提供できるよう設備や器材を充実させるのはもちろん、治療方針にもこだわりを持って取り組んでいます。

落ち着いて診療を受けられる完全個室制

診療室は、プライバシーや感染予防を重視して完全個室としています。ほかの患者様の様子を気にすることなく、患者様と歯科医師がしっかりと向き合って治療に専念できます。他の治療席から削った歯や血液、唾液などの噴霧が飛散してくる心配もありません。

徹底した滅菌・衛生管理

患者様に安心して治療を受けていただけるよう、洗浄から滅菌まで全て規格化された手順に沿って管理し、衛生管理を徹底して院内感染の防止に努めています。ピンセットなどの治療器具は滅菌処理をほどこし、無菌パックしたものを治療時に開封して使用。注射針やグローブなどはディスポーザブル(使い捨て)の製品を採用することで、院内感染の可能性を排除しています。診療ユニットは消毒機能に優れたKavo社製品を導入しました。

また、衛生管理は設備・器材だけでなくそれを用いる人間の技術・意識も重要と考え、院長と歯科衛生士が「歯科感染管理者」の資格を取得。この資格は、JAOS(NPO法人 日本・アジア口腔保健支援機構)が「高度な感染制御知識を有し、それを実践できる人材」に対し認定しているものです。

歯科用CTによる診査診断

「3Dレントゲン」とでも言うべき歯科用CTは、従来のレントゲンでは分からなかった顎の内部構造や骨の質・量、病変などを立体画像で確認できる装置です。顎の全体像を診ることで、虫歯や親知らず、歯並びの乱れ、歯周病など、さまざまな症状・状態を詳細に把握できます。

マイクロスコープで精密な治療を実現

マイクロスコープは、脳外科や心臓外科などでも使用されている医療装置です。初期の虫歯や歯の根の内部(根管)、歯周組織など、従来では見えなかった・分かりにくかったさまざまな部分をしっかり確認しながら緻密な治療を行えます。

フルマウス治療で口腔内をトータルケア

フルマウス(全顎)治療とは、口腔内をトータルで治療していくことを言います。虫歯や歯周病そのものの治療はもちろんのこと、それが原因で乱れてしまった咬み合わせなども、インプラント・矯正治療・審美治療など複合的な方法を組み合わせて治療していきます。

その場限りで「痛いところだけ」を治しても、咬み合わせなどが乱れていては、いつまた口腔内にトラブルが発生するか分かりません。虫歯や歯周病などを招く原因そのものを解決していくことで、一時的ではない「末永い健康」を提供したいと考えています。

お口の健康診断をしませんか?~デンタルドック~

新型コロナ感染対策について

昨今コロナウィルスが流行しています。
当院では下記のようなウィルス対策を講じていますので安心して受診していただければと思います。

待合室の感染対策

  • 入口の靴の消毒マット
  • 待合室のパーテーション
  • メディカルライトエアー(医療用空気清浄機)の設置
  • 受付の衝立
  • 患者様へマスク着用のお願い
  • 非接触型で、手洗いまでできるトイレ
  • 非接触でご利用できるアルコールスプレー
  • 待合室の感染対策
  • 待合室の感染対策
  • 待合室の感染対策

診療室の感染対策

口腔外バキュームの設置
メディカルライトエアー(医療用空気清浄機)の設置
患者様へ検温とマスク着用のお願い
治療前のうがい(ヨード系のうがい薬、アレルギーのある方はコンクール)
手に触れる所全てをビニールで覆い定期的に張替えを行っています(ドレープ)
術者は防護服を着用(患者様にウイルスを移さない、術者に移らないように配慮しています)