DENTAL OFFICE かきぬま歯いしゃ

歯周病の自覚症状が出たら急いで歯医者へ

歯周病の自覚症状が出たら急いで歯医者へ

歯周病は、初期の段階では自覚症状がありません。「痛む」「歯がグラグラする」といった自覚症状が出たときには、すでにかなり進行してしまっています。虫歯に比べて軽く見られがちな歯周病ですが、進行するにつれて顎の骨を溶かすため、歯を失う一番の原因となっている危険な病気です。異変を感じたら、できるだけ早くご来院ください。

歯周病になりやすい方の特徴

歯周病は、生活習慣病のひとつ。次の特徴に当てはまる方は、歯周病にかかるリスクが他の方より高い傾向にあります。心当たりがある場合は、予防も兼ねて、自覚症状がなくても一度歯科医院で診断を受けましょう。

タバコを吸う 間食が多い

タバコを吸う

タバコの煙には含まれている有害物質が粘膜などに吸収されると、歯周病のリスクが高まります。

間食が多い

間食したあと歯を磨かないと、口腔内が長時間汚れた状態になってしまい、歯周病菌が繁殖しやすくなります。

良く咬まずに食べる ストレスを溜め込みがち

良く咬まずに食べる

咬む回数が少ないと、唾液の分泌が少なくなります。唾液による消毒作用が低まるため、歯周病菌が増えやすくなってしまいます。

ストレスを溜め込みがち

疲労やストレスを溜めがちな方は免疫力が低下し、歯周病も含め、さまざまな感染症にかかりやすくなります。

歯周病は全身に悪影響を及ぼします

歯周病は全身に悪影響を及ぼします

歯周病は、口腔内だけでなく全身のさまざまな病気にも影響を与えることが分かっています。健康的な生活を送るうえで、歯周病の予防・治療は非常に重要です。

歯周病が影響するおもな例
心臓病 歯周病菌が血管内に入りこむと、血栓ができやすくなります。そのため、動脈硬化や心筋梗塞、狭心症などのリスクが高まります。また、歯周病菌が心臓にまで及んだ場合には細菌性心内膜炎(さいきんせいしんないまくえん)を招くこともあります。
肺炎・気管支炎 歯周病菌を含んだ唾液が気道に入り込んだ場合、気管支炎や肺炎を引き起こす場合があります。
糖尿病 歯周病と糖尿病は、密接に関係しています。歯周病が糖尿病を悪化させるだけでなく、糖尿病が歯周病を招くなど、互いが互いに影響し合うと言われています。
早産・低体重児出産 歯周病菌の影響で子宮が筋肉収縮を起こすことがあり、それによって早産や低体重児出産のリスクが約7倍にまで高まります。妊娠中はホルモンバランスが変化し、歯周病にかかりやすくなるため細心の注意が必要です。

症例紹介

症例①
  • 術前
    オールセラミックと矯正をしたケース
  • 術後
    オールセラミックと矯正をしたケース
症例②
  • 術前
    オールセラミックと矯正をしたケース
  • 術後
    オールセラミックと矯正をしたケース

歯周病の症状と治療方法

歯周病は、進行度によって治療方法が異なります。治療の基本は「歯周病菌の温床になるプラークや歯石の除去」ですが、骨の減少が進んだ重度の歯周病の場合には、「再生療法」という治療法で骨の再生を行います。

  状態 治療法1 治療法2
軽度歯周病

状態 軽度歯周病

歯茎に軽い炎症が起きている状態です。痛みなどの自覚症状はありませんが、ブラッシングの際に出血することがあります。

治療法1 軽度歯周病

ブラッシング指導

歯周病菌が潜むプラークなどをきちんと落とせるように、適切なブラッシング方法をお伝えします。

治療法2 軽度歯周病

スケーリング

スケーラーという専用の器具を使い、歯石やプラークを削り落とします。

中等度歯周病

状態 中等度歯周病

歯茎の炎症が進み、歯の周囲の溝(歯周ポケット)が深まっています。歯を支える顎の骨が溶かされ始めています。

治療法1 中等度歯周病

ルートプレーニング

歯周ポケットの奥深くにまで付着している歯石やプラークをきれいに取る治療です。スケーリングのあとに行います。

治療法2 中等度歯周病

フラップ手術

ルートプレーニングでも汚れを落としきれない場合、麻酔を施し歯茎を切開して歯石の除去を行います。

重度歯周病

状態 重度歯周病

歯を支えている骨が半分以上溶かされている状態です。歯がグラつくだけでなく、膿が発生して口臭や痛みが出てきます。

治療法1 重度歯周病

GTR

歯茎を切開し、まずは汚染された組織を除去します。続いて「メンブレン」という特殊な膜を張り、骨の再生を促します。

費用:10万円~(保険外)(税別)
通院回数:3回~

治療法2 重度歯周病

エムドゲイン

GTRと同様に汚染組織を除去したあと、失われた骨の部分にゲル状の薬剤を注入して骨の再生を促します。

費用:10万円~(保険外)(税別)
通院期間:3ヶ月

ピックアップ

保険診療では軽度から中等度の症状においては、スケーリングやルートプレーニング、フラップ手術などを行うことができますが、重度の歯周病治療で行うGTR、エムドメインなどの再生療法や歯肉の移植などに関しては自由診療となります。
当院では重度の歯周病治療ではマイクロスコープを使用し、より精密な治療を行っております。

歯周病には予防が非常に有効です当院は予防処置に力を入れています

新型コロナ感染対策について

昨今コロナウィルスが流行しています。
当院では下記のようなウィルス対策を講じていますので安心して受診していただければと思います。

待合室の感染対策

  • 入口の靴の消毒マット
  • 待合室のパーテーション
  • メディカルライトエアー(医療用空気清浄機)の設置
  • 受付の衝立
  • 患者様へマスク着用のお願い
  • 非接触型で、手洗いまでできるトイレ
  • 非接触でご利用できるアルコールスプレー
  • 待合室の感染対策
  • 待合室の感染対策
  • 待合室の感染対策

診療室の感染対策

口腔外バキュームの設置
メディカルライトエアー(医療用空気清浄機)の設置
患者様へ検温とマスク着用のお願い
治療前のうがい(ヨード系のうがい薬、アレルギーのある方はコンクール)
手に触れる所全てをビニールで覆い定期的に張替えを行っています(ドレープ)
術者は防護服を着用(患者様にウイルスを移さない、術者に移らないように配慮しています)