DENTAL OFFICE かきぬま歯いしゃ

ほかの歯に負担をかけず、失った歯を取り戻す治療

ほかの歯に負担をかけず、失った歯を取り戻す治療

インプラント治療とは、顎の骨に直接「人工の歯根」を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療です。「第二の天然歯」とも言われるほどしっかり咬むことができ、お手入れも簡単です。また、入れ歯やブリッジなどのように周りの歯を支えにすることもないので、「健康な歯への負担が少ない」という点も大きなメリットと言えます。

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 天然歯に近い咬み心地
  • 見た目が自然に近い
  • ケアやメインテナンスをきちんと行えば、長期的に使用できる
  • 咬む力が顎の骨に伝わるため、骨がやせにくい
  • 周囲の健康な歯を削ったり、負担をかけたりすることがない
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 定期的なメインテナンスが欠かせない
  • 全身疾患の有無などで適用できないケースもある
  • 保険が適用されない
歯の抜けた部分は放置しないでください
  • 歯の抜けた部分は放置しないでください
  • 歯の抜けた部分は放置しないでください

歯を抜けたまま放っておくと、空いたスペースに歯が傾いていくなど、歯並びがどんどん乱れていきます。咬み合わせの悪い状態のままでは、口腔内だけでなく全身に悪影響を及ぼしてしまいます。浦和歯科医院「医療法人 八秀会 DENTAL OFFICE かきぬま歯いしゃ」は「正しい咬み合わせを作ることが第一」と考え、インプラントや矯正治療など、さまざまな治療法を検討しながら咬み合わせ治療を行う方針です。

歯科用CTで精密検査や模型による診断

  • 歯科用CTで精密検査や模型による診断
  • 歯科用CTで精密検査や模型による診断

インプラント治療では、顎の骨に人工歯根を埋め込みます。ですから、事前に顎の骨の状態を詳細に把握しておくことが非常に重要です。

当院は顎の骨の精密検査に、歯科用CTを使用しています。歯科用CTでは、従来のレントゲンでは見ることのできなかった、患者様の顎の骨量や厚み、神経・血管の位置まで詳細に把握できます。スキャンした生体データは立体画像としてコンピューター内で再現され、インプラント埋め込みの詳細なシミュレーションを行うことが可能です。

さらに患者様の口腔内の模型を作成し、インプラントを埋入した後の咬み合わせを見るために咬合器でシミュレーションを行います。それによりインプラントを入れるだけではなく、入れた後のこともしっかりと見こして治療することができます。

インプラント治療の流れ

歯茎の切開 ドリリング インプラント埋入

歯茎の切開

歯茎を切開し、インプラントを埋め込む顎の骨(歯槽骨)を露出させます。

ドリリング

専用のドリルで、顎の骨にインプラントを埋め込む穴をあけます。

インプラント埋入

あけた穴に、インプラント(人工歯根)を埋め込みます。

治癒期間 アバットメント装着 人工歯装着

治癒期間

埋め込んだインプラントを歯茎で覆い、骨との結合や傷口の治癒を待ちます。

アバットメント装着

インプラントと顎の骨が結合したら、再び歯茎を切開。人工歯との接続部分であるアバットメントを装着します。

人工歯装着

さらに傷口の治癒を待ち、最後に人工歯を装着して完了です。

インプラント治療は上記の流れで完了しますが、末永くお使いいただくにはメインテナンスが大切です。口腔内をクリーニングする感覚で、お気軽にご通院ください。

費用
CT検査 2万円~(税別)
インプラントガイド 3万円~(税別)
フィクスチャー 1本25万円~(税別)
上部構造 15万円~(税別)
仮歯 5万円~(税別)
骨移植 5万円~(税別)
サイナスリフト 20万円~(税別)
回数
埋入手術 上顎 期間7ヶ月 回数4~5回
下顎 期間4ヶ月 回数4~5回
アバットメント印象 1回
2次手術 1回
上部構造装着 1回

症例紹介

※画像をクリックすると拡大します。

【術前】歯が割れたケース

【インプラント埋入後】

【2次オペ後】

仮歯

  • 仮歯
  • 仮歯

左の画像は2次オペ後に仮歯を入れた直後です。右の画像は仮歯を入れて1ヶ月後になります。仮歯を1ヶ月間入れて歯ぐきの状態を整えます。

【ネジ止め】

【セラミック装着】

術前と術後の比較

当院は大学病院の日本口腔外科学会専門医・指導医を呼んでいます

インプラント手術担当医

金子 貴広 埼玉医科大学総合医療センター准教授・外来医長

【所属団体】

  • (公社)日本口腔外科学会専門医・指導医
  • (公社)日本顎顔面インプラント学会専門医・指導医
  • (社)日本有病者歯科医療学会認定医・指導医
  • (社)日本小児口腔外科学会指導医

【ガイディッドインプラントサージェリー】

サージカルテンプレートを使用し的確な位置にインプラントを埋入するインプラント手術を致します。

また、ご要望に応じて大学病院から麻酔医もお呼び致しますのでまるで眠っている様な感覚であっという間にインプラント手術が終わります。

機能性にこだわった精密入れ歯も お作りしています

新型コロナ感染対策について

昨今コロナウィルスが流行しています。
当院では下記のようなウィルス対策を講じていますので安心して受診していただければと思います。

待合室の感染対策

  • 入口の靴の消毒マット
  • 待合室のパーテーション
  • メディカルライトエアー(医療用空気清浄機)の設置
  • 受付の衝立
  • 患者様へマスク着用のお願い
  • 非接触型で、手洗いまでできるトイレ
  • 非接触でご利用できるアルコールスプレー
  • 待合室の感染対策
  • 待合室の感染対策
  • 待合室の感染対策

診療室の感染対策

口腔外バキュームの設置
メディカルライトエアー(医療用空気清浄機)の設置
患者様へ検温とマスク着用のお願い
治療前のうがい(ヨード系のうがい薬、アレルギーのある方はコンクール)
手に触れる所全てをビニールで覆い定期的に張替えを行っています(ドレープ)
術者は防護服を着用(患者様にウイルスを移さない、術者に移らないように配慮しています)