DENTAL OFFICE かきぬま歯いしゃ

いま受けている治療についての相談を承ります

いま受けている治療についての相談を承ります

主治医から「歯を抜きましょう」「入れ歯にしましょう」といった診断を受け、「本当にこの方針でいいのだろうか?」「ほかに選択肢はないだろうか?」と不安や不満、疑問をお持ちではありませんか? そんなときには、「セカンドオピニオン」をご検討ください。

まずはかかりつけの医院にもう一度ご相談ください。
それでもご納得がいかなかった場合には、どんな治療を受けられているのか伺ったうえで診察いたします。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、今かかっている歯科医院以外で診療を受け、「第二の意見」を聞くことです。

歯科治療にはさまざまな方法があり、どんな治療を行うかは歯科医師によって異なる場合もあります。また、治療は医師と患者様の共同作業ですから、いくら医師が良いと思っている治療方針でも、患者様自身が納得していなければ十分な結果は得られません。

セカンドオピニオンとは?

そこで必要になるのが、「複数の意見を聞き、メリット・デメリットを理解したうえで、患者様自身が納得して治療方針を選ぶこと」です。浦和の歯科医院「医療法人 八秀会 DENTAL OFFICE かきぬま歯いしゃ」では、患者様がより良い治療を受けるためのセカンドオピニオンをご提供しています。他院での治療方針について疑問やお悩みがありましたら、お気兼ねなくご相談ください。

※治療費だけの相談につきましてはお受けいたしかねますので、ご遠慮ください。

なお、当院は「痛いところだけを治す」のではなく、口腔内全体の環境を考え、「悪くなる原因」まで解決していく治療方針です。最小限の処置で最大限の効果を追求し、患者様のお口の健康に貢献したいと考えております。当院の診療方針につきまして、詳しくは「診療コンセプト」をご参照ください。

よくあるご相談

Q1 他院で「抜歯するしかない」と言われたのですが、本当でしょうか?
A口腔内の状況によっては、「抜歯するしかない」という状況もあるのは事実です。しかし、場合によっては歯を残せる治療法を選択できることもあります。たとえば重度の虫歯でも、歯を根本から治療する「根管治療」で抜歯せずに治せるケースもあります。
Q2 他院に通院していますが、治りが遅いように感じます。
Aまずはかかりつけの医院にもう一度ご相談ください。それでもご納得がいかなかった場合には、どんな治療を受けられているのか伺ったうえで診察し、「現在の治療に問題点はあるか」「ほかにどんな治療法があるか」といった点についてご説明します。
Q3 神経を抜いた歯が痛むのですが、なぜでしょうか?
A悪化した虫歯の神経を抜き、きちんとした処理を行えば、通常なら痛みはなくなります。痛みがなくならない場合、「歯の根の中に細菌が残っている」「歯根が破折している」といったことが考えられます。再治療が必要になる可能性がありますので、まずは一度診察にお越しください。
Q4 入れ歯がすぐに外れてしまいます。どうすればいいでしょうか?
Aお使いの入れ歯が、お口に合っていない可能性があります。ご来院いただければ、口腔内と入れ歯をチェックし、入れ歯をどのように調整すればいいか検討します。
Q5 自費診療の費用について相談はできますか?
A自費診療の費用は、使用する素材や治療法によって異なります。安い場合にはそれなりの理由があり、その逆もまた然りです。価格で決めるのではなく、「目的に合わせて信頼のおける素材や治療法を選択できているか」を考えるのが大切です。どんなに良いと言われているものでも、しっかりと立証されていないと使用しません。当院では、患者様の口腔内の環境をトータルで考え、「悪いところ」だけでなく「悪くなる原因」まで取り除けるよう、こだわりを持って治療方針を提案しています。

セカンドオピニオンに関するお問い合わせはこちらまで048-822-1212浦和駅から徒歩5分/土曜も診療

新型コロナ感染対策について

昨今コロナウィルスが流行しています。
当院では下記のようなウィルス対策を講じていますので安心して受診していただければと思います。

待合室の感染対策

  • 入口の靴の消毒マット
  • 待合室のパーテーション
  • メディカルライトエアー(医療用空気清浄機)の設置
  • 受付の衝立
  • 患者様へマスク着用のお願い
  • 非接触型で、手洗いまでできるトイレ
  • 非接触でご利用できるアルコールスプレー
  • 待合室の感染対策
  • 待合室の感染対策
  • 待合室の感染対策

診療室の感染対策

口腔外バキュームの設置
メディカルライトエアー(医療用空気清浄機)の設置
患者様へ検温とマスク着用のお願い
治療前のうがい(ヨード系のうがい薬、アレルギーのある方はコンクール)
手に触れる所全てをビニールで覆い定期的に張替えを行っています(ドレープ)
術者は防護服を着用(患者様にウイルスを移さない、術者に移らないように配慮しています)