DENTAL OFFICE かきぬま歯いしゃ

「今の自分」に合った入れ歯を

「今の自分」に合った入れ歯

失った歯を取り戻す方法として、古くから用いられている入れ歯。ひと口に「入れ歯」と言ってもさまざまな種類がありますが、どの入れ歯にも共通して言えるのは「今の自分」に合った入れ歯を付けるのが大切ということ。

口腔内の状態は日々変化していくため、それまで付けていた入れ歯が合わなくなることもあります。「入れ歯がズレて痛い」「外れやすくなった」といった違和感を覚えるようになったら、「今の自分」に合わせた調整や修復、作り替えが必要です。

合わない入れ歯を使い続けるリスク

  • 入れ歯がズレたり外れたりして口腔内を傷つける(感染症に発展することも)
  • 食べ物をよく噛めず、消化器官に負担がかかる
  • 喋りにくいため会話が面倒になり、ふさぎがちになる
  • 咬み合わせが乱れ、頭痛や肩こりなど全身へも悪影響を及ぼす
  • 部分入れ歯の場合、支えにする歯に過剰な負担がかかる

口に合わない入れ歯を使っていると、単に使い心地が悪いだけでなく上記のようなリスクを招く可能性があります。

浦和歯科医院「医療法人 八秀会 DENTAL OFFICE かきぬま歯いしゃ」では、お口の中の環境をトータルで考え、「正しい咬み合わせ」を第一に考えながら入れ歯やインプラントなどの治療法をご提案しています。ライフスタイルや症状、ご要望などに合わせて適切に治療しますので、気になることがありましたらまずはご相談ください。

注意! 入れ歯は歯磨き粉で磨かないでください

注意! 入れ歯は歯磨き粉で磨かないでください

入れ歯は、毎日手入れして清潔に保つことが大切です。しかし、天然歯と同じ感覚でゴシゴシとブラッシングしてしまってはいけません。歯磨き粉には研磨剤が含まれているため、入れ歯の表面に細かいキズが付いてしまう恐れがあるのです。細かいキズは細菌の温床となり、健康を害する可能性があります。入れ歯は必ず専用のブラシと洗浄剤で洗うようにしましょう。

より精密な入れ歯を目指し、入れ歯を「2段階」で作製

当院では、より精密な入れ歯を作るため入れ歯を「2段階」で制作・ご提供しています。通常は口腔内の検査・診断をもとに入れ歯を制作し患者さんにお渡しした時点で完成となりますが、当院の2段階制作では「ダイナミック印象」という手法を採用しており、入れ歯を二度制作致します。

より精密な入れ歯を目指し、入れ歯を「2段階」で作製

当院は、より精密な入れ歯を作るため「ダイナミック印象」という手法を採用しています。

ダイナミック印象では、まず通常通りの手順で一般的な入れ歯を作り、その入れ歯に型を採るための「型剤」を仕込みます。この入れ歯を着用していただき、実際に使っていただくことで、仕込んだ型剤が自然と実際の利用シーンに合った形状へと整形されていきます。そうすることで、本当の意味で「患者様にとって最適な入れ歯の型」が取れるのです。

※注 このため一度目の完成でお渡しした入れ歯はあくまで仮の入れ歯になるため、この時点ではまだ完成ではありませんのでご注意ください。

ダイナミック印象の手順

1.通常通り型を採り、咬み合わせを調整して「第1の入れ歯」が完成
2.型剤を入れた「第1の入れ歯」を装着し、しばらく実際に使用する
3.「第1の入れ歯」から型剤を採取し、「完成版の入れ歯」を作製する

費用:10万円~(税別) ※ダイナミック印象 片顎の費用
   ※上記に加え、別途入れ歯の素材毎の費用が発生します。
通院回数:4~5回

取り扱い入れ歯紹介

金属床

金属床

床の部分に金属を使用して、薄く軽く作られた入れ歯です。装着時の違和感が少なく、汚れにくいのも特徴です。

費用:40万円~(税別)
通院回数:3~4回

メリット デメリット
  • 熱をよく伝えるため、食べものの温度が分かり食事を楽しみやすい
  • 耐久性が高い
  • 汚れがつきにくい
  • 金属アレルギーのリスクがある
ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

樹脂製の部分入れ歯です。素材の特性を活かして歯ぐきに吸着させる作りで、金属バネを使用わないため快適です。

費用:15万~(税別)
通院回数:パーシャル5回

メリット デメリット
  • バネを使わないため自然で違和感が少ない
  • 周囲の健康な歯への負担が少ない
  • 弾力性があるので壊れにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 総入れ歯には対応できない
  • 高温に弱く取り扱いに注意が必要
  • 変色することがある
  • 熱を伝える力はあまり高くない
BPSデンチャー

特殊素材により、歯茎に近い審美性や快適な付け心地を実現した義歯作製システムです。金属味がなく、味覚に影響しにくいのも特徴です。

費用:40万~(税別)
通院回数:3~4回

メリット デメリット
  • しっかり吸着して外れにくい
  • 見た目が自然で美しい
  • 自分の歯のような咬み心地
  • 金属より修理や調整がしやすい
  • 金属と比べるとやや強度が落ちる

症例紹介

※画像をクリックすると拡大します。

メタルボンドと義歯を入れ、咬合を治したケース
  • 術前
    メタルボンドと義歯を入れ、咬合を治したケース 術前
  • 術後
    メタルボンドと義歯を入れ、咬合を治したケース 術後
症例2
術前
入れ歯の症例2 術前
術中
入れ歯の症例2 術中
術後
入れ歯の症例2 術後

歯科用CTや模型で詳細にシミュレーションした 精度の高いインプラントもご提供しています

新型コロナ感染対策について

昨今コロナウィルスが流行しています。
当院では下記のようなウィルス対策を講じていますので安心して受診していただければと思います。

待合室の感染対策

  • 入口の靴の消毒マット
  • 待合室のパーテーション
  • メディカルライトエアー(医療用空気清浄機)の設置
  • 受付の衝立
  • 患者様へマスク着用のお願い
  • 非接触型で、手洗いまでできるトイレ
  • 非接触でご利用できるアルコールスプレー
  • 待合室の感染対策
  • 待合室の感染対策
  • 待合室の感染対策

診療室の感染対策

口腔外バキュームの設置
メディカルライトエアー(医療用空気清浄機)の設置
患者様へ検温とマスク着用のお願い
治療前のうがい(ヨード系のうがい薬、アレルギーのある方はコンクール)
手に触れる所全てをビニールで覆い定期的に張替えを行っています(ドレープ)
術者は防護服を着用(患者様にウイルスを移さない、術者に移らないように配慮しています)