DENTAL OFFICE かきぬま歯いしゃ

咬み合わせが少し悪いだけで、体の不調につながることもあります

咬み合わせを治すことが、さまざまな口腔内のトラブル予防につながります。

咬み合わせが少し悪いだけで、体の不調につながることもあります

咬み合わせは、家で言えば全体を形づくる柱や梁などの「骨組み」のようなものです。たとえば家の骨組みが歪んで壁にヒビが入ったとき、そのヒビだけを修理してもあまり意味がありません。骨組みの歪みを改善しない限り、ヒビの再発や更なるトラブルを招いてしまうかもしれないからです。「骨組み」という根本的な原因に注目しない限り、本当の意味での問題解決はできません。

咬み合わせが少し悪いだけで、体の不調につながることもあります

同じように、虫歯などの口腔内のトラブルもまた、それ単体を治療するだけではほとんど意味がありません。虫歯を治しても咬み合わせが悪いままではブラッシングしにくく、再発のリスクは高いまま。咬み合わせの乱れを放っておけば、顎関節症などその他のトラブルも発生しかねません。さまざまなトラブルを招く原因となる咬み合わせを改善することで、はじめて「末永いお口の健康」を実現できるのです。

咬み合わせが体に与える影響

咬み合わせは、歯や顎だけでなく全身にも影響を与えます。

咬み合わせは、下記のように口腔内はもちろん全身のさまざまな症状にも影響していると考えられています。

口腔関係への影響 虫歯・歯周病・歯ぎしり・口臭・顎関節症・口呼吸・睡眠時無呼吸症候群
筋肉・骨への影響 頭痛・肩こり・腰痛・口や顔のゆがみ・猫背
自律神経への影響 手足のしびれやむくみ・めまい・耳鳴り・胃腸衰弱・便秘・下痢・高血圧・不整脈・自律神経失調症
婦人科への影響 生理不順・更年期障害
心への影響 ストレス過敏

3次元で顎の動きを測定・分析

  • 3次元で顎の動きを測定・分析
  • 3次元で顎の動きを測定・分析

浦和の歯科医院「医療法人 八秀会 DENTAL OFFICE かきぬま歯いしゃ」では、コンピューターによって顎の動きを測定し、患者様個々の骨格形態を分析できる「キャディアックス」を導入しています。左右の顎の動きのズレなどを解析することで、従来よりも適確な咬み合わせ治療が可能になります。

治療の流れ

※画像をクリックすると拡大します。

治療の流れ

キャディアックスによって顎の歪みを測定します。

治療の流れ

測定データをもとに顎の模型を作成します。

治療の流れ

模型を使い、歪みを治したときにどう咬めるかをシミュレーションします。

治療計画を立案します。「矯正で治す」「被せ物を入れて治す」「インプラントを入れて治す」などさまざまな方法から適切な治療法を選択します。
※正しい咬み合わせを作ることが最大の目的で、この場合の矯正やインプラントといった治療法はそのための手段に過ぎません

計画に基づき、治療をスタートします。

治療の流れ

初診時の状態です。まずは矯正治療から始めて、その後インプラント治療とその横の歯に被せ物を入れて、正常な咬み合わせにしていきます。

  • 治療の流れ
  • 治療の流れ

まずは矯正治療から始めます。

  • 治療の流れ
  • 治療の流れ

次にインプラントと被せ物を入れます

治療の流れ

治療の流れ

  • 治療の流れ
  • 治療の流れ
  • 治療の流れ
  • 治療の流れ
  • 治療の流れ
  • 治療の流れ

治療終了です。治療前と比較すると段違いに変わったことが良く分かります。見た目だけでなく、咬み合わせも治したことから機能性も大幅に向上しています。

咬み合わせ治療に関するお問い合わせはこちらまで048-822-1212浦和駅から徒歩5分/土曜も診療

新型コロナ感染対策について

昨今コロナウィルスが流行しています。
当院では下記のようなウィルス対策を講じていますので安心して受診していただければと思います。

待合室の感染対策

  • 入口の靴の消毒マット
  • 待合室のパーテーション
  • メディカルライトエアー(医療用空気清浄機)の設置
  • 受付の衝立
  • 患者様へマスク着用のお願い
  • 非接触型で、手洗いまでできるトイレ
  • 非接触でご利用できるアルコールスプレー
  • 待合室の感染対策
  • 待合室の感染対策
  • 待合室の感染対策

診療室の感染対策

口腔外バキュームの設置
メディカルライトエアー(医療用空気清浄機)の設置
患者様へ検温とマスク着用のお願い
治療前のうがい(ヨード系のうがい薬、アレルギーのある方はコンクール)
手に触れる所全てをビニールで覆い定期的に張替えを行っています(ドレープ)
術者は防護服を着用(患者様にウイルスを移さない、術者に移らないように配慮しています)